マッサージに大事な要素

SIMIUSホワイトニングリフトケアジェルは、朝と晩にジェルを塗ってからのマッサージによって、お肌のターンオーバーが正常となることを促進し、シミをより早く垢として体の外に出すシミケアの化粧品であります。

 

そのシミ対策にとって重要な要素があります。

 

それは、マッサージです。

 

マッサージでは力加減というものが重要になります。

 

では、どれくらいの力加減でマッサージしたら良いのでしょう?数値では表しにくく、力加減に迷うという方もいらっしゃるでしょう。

 

でも、強くマッサージをすれば良い、というわけではありません。

 

それだけで早くシミが消えたりはしませんから。

 

逆に強すぎると、お肌を傷つける可能性があります。

 

顔には表情筋がたくさんあり、強すぎるマッサージをしてしまった場合、摩擦によりお肌にダメージを与えてしまうこともあるのです。

 

さらにお肌がダメージを受け、炎症を起こしてしまうと、お肌はシミのもとであるメラニン色素をたくさんつくってしまうのです。

 

まさに、これは悪循環ですよね。

 

したがって、摩擦が起きないよう、慎重にマッサージをする必要があります。

 

とは言っても、摩擦が起きないような力加減というのは分かりにくいですよね。

 

摩擦が起きない力加減は人それぞれですし。

 

例えば、乾燥したお肌と潤ったお肌では、前者の方が摩擦が起きやすいですね。

 

このように、お肌の状況によっても変わるので、一概に丁度良い力加減というのは示しにくいのです。

 

ですが確実なのは、シミウスジェルを塗ってマッサージをした際、顔のお肌が引っ張られるような感覚があればそれは力加減が強すぎです。

 

それか、ジェルの量がかなり少ないです。

 

シミウスジェルはかなり弾力があるジェルとなっておりますので、商品に付属されているお手入れガイドに載っている程度の量を使っていれば、マッサージ時にお肌が引っ張られるような感覚になることはまずあり得ません。

 

したがって、ジェルの量が少ない、ということになると、摩擦の原因となってしまうのですね。

 

お肌が弱く、乾燥肌であるという方にとってのマッサージの力加減は、お肌に優しく触れる程度の力加減で丁度良いです。

 

マッサージと言いましても構えず、優しく触れるぐらいで良いのです。

 

エステ店でちゃんとした美顔マッサージを受けられたという方は想像しやすいかもしれません。

 

指がお肌の上を滑るというぐらいの力加減でも、マッサージ効果はあるのです。

 

 

→限定プレゼント有りでシミウスをお試しされる場合はこちらからどうぞ